ココナッツオイルの効果と食べ方


「ココナッツオイルが体に良い」という情報が出回っていますね。

しかし、どのような効果があるか、どう使えばよいか、悩みませんか?

ココナッツオイルの効果と食べ方について掲載します。

ココナッツオイルの特徴

ココナッツオイルはココナッツの種子にある胚乳から抽出された油です。

ヤシ油とも言います。

成分の約60%が中鎖脂肪酸で、短鎖や長鎖よりも早くエネルギーに変換されます。

熱に強いため、加熱調理にも使えます。

ココナッツオイルの効果

ココナッツオイルのデメリットから行きましょう。

デメリットは、摂取しすぎると性ホルモンの働きを阻害することです。

男性ホルモンや女性ホルモンを減らしてしまいまいます。

性欲減退、精子の減少など、子どもの欲しい方には悪影響ですね。

逆にメリットは、エネルギーに変換されやすいため太りにくいことです。

甘いものへの欲求を下げ、食欲を抑える効果もあります。

ダイエットの大敵である空腹対策によいですね。

記憶力の向上なども期待できます。

また、男性限定ですが薄毛対策にも期待できます。

というのも、薄毛の原因の一つに男性ホルモンがあげられるからです。

男性ホルモンが原因なら、それを減らせればよいですよね。

ココナッツオイルの食べ方

ココナッツオイルは熱に強いため、暖かい飲み物に入れて飲めます。

コーヒーやココア、スープ、緑茶、味噌汁などです。

オメガ3だとこれらの飲み物でも酸化が進みやすいのですが、ココナッツオイルなら大丈夫です。

加熱調理にも使えます。

オリーブオイルの香りがどうしても苦手な方によいです。

いつもと違う感じを出したいときにいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です