がんに有効なCBDオイル


日本人の3人に1人が、がんで亡くなっています。

抗がん剤も一応あります。

しかし、抗がん剤の服用で苦しんでいる様子をテレビで見ることもありますね。

そんな中、がん治療などで注目されているのがCBDです。

がんに有効なCBDオイルの選び方とおすすめCBDオイルを掲載します。

抗がん剤の難点

抗がん剤には奏効率というものがあります。

「一定期間でどのくらいがん細胞を縮小できたか」を示します。

これだけ聞くと奏効率の高さを優先したくなりますが、注意点があります。

奏効率には服用者の安全が考慮されていないことです。

極端な話、「副作用で死にそうですが、がん細胞は小さくなりました」でOKなんです。

治療のために死んでしまったらと考えると、抗がん剤を飲まない人がいることも理解できますよね。

CBDオイルの特徴

CBDオイルとは、大麻の油からCBD(カンナビノイド)を抽出したものです。

大麻と聞くと麻薬のイメージが強いでしょう。

しかし、体に有害なのは大麻の成分であるTHC(テトラヒドロカンナビノール)です。

THCとは幻覚効果がある成分で、マリファナなどの麻薬が危険視される原因の一つです。

CBDも大麻の成分ですが、THCと違ってがんなどの難病や打つなどの精神病に有効です。

医療大麻と呼ばれる所以ですね。

なお、CBDオイルは今のところ脂質とは別の扱いのようです。

CBDはカンナビノイド受容体と結びついて効果を表します。

もしかしたらオメガ3との相乗効果が期待できます。

CBDオイルを選ぶときの注意

CBDオイルを選ぶときに気をつけたいところがあります。

CBDの濃度です。

濃度が高いほどCBDが多く含まれています。

含有量でもよいのですが、その数値がCBDではなくヘンプペーストの量かもしれません。

ヘンプペーストに含まれるCBDの割合は約11%です。

掲載された数値の10分の1くらいになってしまうんですよ。

しかも、ヘンプシードには体に有害なTHCも含まれています。

CBDの濃度ならちゃんと計らないといけません。

量と違い、単位を変えて数字を大きく見せることも難しいですよね。

ごまかしのテクニックを使いづらいため、濃度を気にすることをおすすめします。

おすすめCBDオイル

CBDアイソレート(ブルーバードボタニカル)

CANOVY(CBDダイレクト)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です