油のバランスが大事!アレルギー体質を改善する方法

花粉症の季節がやってきました。

花粉症を筆頭に、アレルギーのせいで我慢しなければならないってつらいですよね。

そのアレルギー、油の取り方に気をつければ楽になるかもしれませんよ。

油の成分が偏ればアレルギー体質が悪化する

油には、アレルギーに関する成分があります。

オメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸です。

オメガ6はアレルギーを促進し、体の防衛反応を強めます。

オメガ3はアレルギーを抑制し、体の防衛反応を弱めます。

あなたが後天的なアレルギー体質なら、原因はオメガ6に偏ったからかもしれません。

普段の油がアレルギー体質を悪化させている

節約のため、健康のために自炊しているあなた。

普段どのような油を使って調理しますか?

代表的な調理油は以下のとおりですが、いかがでしょう?

  • サラダ油
  • サフラワー(紅花)油
  • 大豆油
  • オリーブオイル

この中で、オリーブオイル以外を使用している方は注意してください。

オリーブオイル以外はオメガ6系脂肪酸を多く含んでいるためです。

つまり、普段の調理でオメガ6を大量に摂取してアレルギー悪化、というわけです。

アレルギーを抑えるオメガ3

アレルギー体質を改善してくれる油はオメガ3系脂肪酸です。

魚の脂やエゴマ油、アマニ油に多く含まれます。

エゴマ油やアマニ油は調理に向きませんので、自然と魚からオメガ3を摂ることになるでしょう。

よく「魚を食べましょう」といわれる理由ですね。

オメガ6とオメガ3のバランスに気をつけよう

オメガ6とオメガ3は正反対の性質を持ちます。

どちらかに偏った食生活を続ければ、いずれ体のどこかに異常が出るでしょう。

しかし、オメガ3よりもオメガ6を含む食材のほうが多いため、どうしてもオメガ6に偏ってしまいます。

1日1食は魚を食べる、エゴマ油やアマニ油をサラダにかけるなど、オメガ3を意識して摂りましょう。

アレルギー体質の改善につながります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする